<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しておりました。
ウィルス性の咽頭炎で、ちょっとダウンしてました・・。
流行しているそうです。皆様は大丈夫ですか?
今日はすっかり復活です!!

さて、この2日間に楽心は何もなかった日々、のはずもなく!!
なんと!!!巨大なタンクがやってきました!
e0247702_17553234.jpg

重さは8トン!!25tクレーンが登場で、吊り上げているところ。
手前にいる謝先生と比べても大きさがお分かり頂けると思います。
一体何のために????

実は、このところ頻発している「竜巻」。
被害に遭われた方は、本当に大変だと思います。ここ千葉付近でも以前から
竜巻が出現していますので、いつでも可能性があると思います。

そうなのです!!この巨大タンクは「シェルター」。
竜巻や地震、土砂崩れなどの自然災害に備えた避難所をつくる事にしたのです。
謝先生の奇想天外な発想に、誰もがはじめはびっくり!!!
でも、いざ家の脇に据え置かれると、
「確かに、この中ならば絶対に安全だ。。」と納得です。
e0247702_183935.jpg

タンクを譲って下さった社長様まで、
「こんなタンクの使い方の発想は普通の人は及ばないよ。でもこれから必要かもなあ。」

それにしてもでかい!(驚!!)
謝先生、やることがでかい!
こんなシェルターご自宅にいかが?
by rakushin_fusuikan | 2012-05-12 18:10 | 今日のできごと
今月日曜日版の「おはよう健康体操」には、謝先生のお母さんが登場。
今月は母の日があるので、「母の日に楽心球を贈りたい!!」と
たくさんのご注文を頂いております(感謝!!)

ただ、大変申し訳ない事に・・現在入荷待ち状態です。
5月下旬に入荷の予定となっております。
残念ながら母の日の13日に間に合いませんが、素敵なプレゼントとしてお薦めです。
まだご覧になってない方、是非日曜日版をご覧ください!!

楽心球のグレートマザーです。
e0247702_9555617.jpg

手前が謝先生のお母さん。

楽心球についてはこちらをご覧ください。
皆様お待ちかねの「おはよう健康体操」DVD!!!
いよいよ制作に取り掛かっています。
分かりやすくて、楽しいDVDにしたいと思っています。
「こんなことが入ってるといいかも!」
ご意見等ございましたら、今がチャンス!
もしかしたら?!ご紹介できるかも!です。(ご希望に添えない場合はすみません!)
と、いう事で広く皆様のアイデアも参考にさせて頂きたい今日この頃です。
ご意見をどしどしお寄せ下さいませ。
メール頂ければありがたいです。
E-mail 8388@rakushin.com 漆原まで。
昨日は終日、「おはよう健康体操」の収録でした。
爽やかな五月晴れの素晴らしい一日でした。(感謝!!!)
庭のつつじがきれいです。
e0247702_52726100.jpg

中庭の2本の紅葉のコントラスト。
e0247702_5281247.jpg


先生の作った歌「立ち上がれ」(作詞作曲)も、収録しました。(放送予定)
放送は6月の予定です。
無事に収録を終える事ができ、感謝です。
ますます、パワーアップする「おはよう健康体操」、ご期待下さい!


今日の放送で、謝先生のお母さん登場しましたね。
楽心球のグレートマザーです!!
楽心球は現在入荷待ちです。(5月下旬入荷予定)
予約受付承ります。
楽心球についてはこちらをご覧ください。
つつじが咲き始めています。
中庭の風景。
e0247702_2158424.jpg

赤い紅葉と緑の紅葉がコントラストで美しい。

お散歩に出発の前。
車に気を付けて歩こうね。
e0247702_2211997.jpg

ラッキーとチャッピーは相変わらず元気です。

あさっては、「おはよう健康体操」の収録日。
お天気も良さそうですね!
スタッフの皆様!よろしくお願い致します!!
by rakushin_fusuikan | 2012-05-03 22:08 | 今日のできごと
銀座の個展で、何度か同じ質問がありました。

「おはよう健康体操」で「体操の極意の3分の2に突入しましょう!」
と先生が言っているが、あと3分の1で終わってしまうのですか???

「今日の一言」が随分とたくさん出たが、ネタが尽きてしまうのではないか。。

みなさん、「体操が終わってしまうと困る!!!」モードでの質問です。

謝先生の回答。
「3分の2はかなり長い間終わらないよ。この体操の奥深さはそう簡単に
終わらないよ。」
「今日の一言は、無限に生まれてくるから心配ないよ。」

良かったです!!!ご心配なくです。
これから益々奥深い体操の意味が明かされていくと思います。
中国4千年の歴史が生んだ体操ですから、それはそれは長い時間をかけていく
べきものだと思います。
これからも、ますますご期待下さい。